研修医募集.jpg

長崎医療センター 初期臨床研修医の1年 (BGMが流れます)
動画を閲覧できない皆様は、スライドをぜひ、ご覧くださいませ。

FACEBOOK「NMC Kensyu」では当院医師・コメディカル・事務の皆様、OG/OBの友人申請を受け付けております。

2015年09月30日

林寛之先生による長崎臨床研修セミナーのご案内

長崎医療センターでは、今年も
ER救急、総合診療のプロフェショナル、
福井大学医学部附属病院総合診療部教授林寛之先生
にお越しいただき、
臨床研修セミナーを開催致します。
是非、皆さまのご参加をお待ちしております。

-----------------------------------------------------
■日時 :2015年10月9日(金)
■場所 :長崎医療センター 地域人材教育センター内あかしやホール
■講師 :林寛之先生(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)
■演題 :『エコー名人はER名人!』〜Why not using US?〜
■参加費 :無料 ※ポスターを添付しておりますので、ご覧ください。
-----------------------------------------------------

20150929133721-001.jpg
他院や医学生の皆さんからの参加もお待ちしております。
なお、参加ご希望の方は、メールにてご一報頂きますと幸いです。


このセミナーに関する問い合わせ先:
長崎医療センター・教育センター
TEL: 0957-52-3121(代)
Mail: kensyu@nagasaki-mc.com
posted by 臨床教育センター at 12:00| セミナー・講習会

2015年09月29日

『英語の論文の書き方』自主勉強会

『英語の論文の書き方』自主勉強会

これは研修医の先生方が臨床研究センター小森敦正先生に協力して頂き自主的に行っている勉強会です。

文章を音読しながらExerciseに答えていきます。教科書はもちろん英語!!皆さん熱心に勉強をされています。

page.jpg

毎週月曜日開催予定です♪
興味がある方の参加をお待ちしています。
posted by 臨床教育センター at 15:00| セミナー・講習会

2015年09月25日

医療被爆、何が問題か?(CT被爆と最適化、胎児被爆)

長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。
今週の講義は、こちら。

====================
講義名:「医療被爆、何が問題か?(CT被爆と最適化、胎児被爆)」
講 師: 放射線科  松岡 陽治郎 先生
====================


page.jpg

参加された研修医の皆さんに
・CTの実効線量の求め方を知ることができよかったです。
・理論だけでなく、患者さんへの説明の仕方が分かりました。
・小児における医用被爆を学ぶことができたので、今後活用していきたいです。
と、大好評でした。

松岡先生、ありがとうごぜいました。
posted by 臨床教育センター at 14:12| 初期*初期診療実践セミナー

2015年09月18日

排尿障害のマネジメント

長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。
今週の講義は、こちら。

====================
講義名:「排尿障害のマネジメントの方法教えます。」
講 師: 2年次研修医 大坪 亜紗斗 先生
====================


page.jpg

参加された研修医の皆さんに
・具体的な薬剤について参考になりました。
・ポイントがまとめられていて、とても分かりやすかったです。
・薬剤の選択・エコーの仕方を学べました。
と、大好評でした。

大坪亜紗斗先生、ありがとうございました!!
posted by 臨床教育センター at 11:44| 初期*初期診療実践セミナー

2015年09月04日

CPC  【発熱、貧血、腎機能障害】

長崎医療センターの初期臨床研修医は研修期間中
必ず1回はCPCを担当します。

CPCとはClinico-pathological conference と略称され、病院で行われる複数の臨床科と病理医や検査医が合同で行う討論形式の症例検討会のことです。

今回は、「発熱、貧血、腎機能障害」。
担当は、2年次研修医の貞松 毅大先生、山下 なつき先生、1年次研修医の松尾 彩加先生、
そして指導医は北之園 英明先生、鎌田 理嗣先生、山下 裕先生、病理担当は黒濱 大和先生です。

page.jpg

機能形態研究部長の伊東正博先生からのコメントです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
担当の研修医は貞松毅大先生、山下なつき先生、松尾 彩加先生、指導医は北之園英明先生、病理解説は黒濱大和先生。荒木先生の司会で参加者全員で考えるCPCになりました。
症例は高齢女性。発熱、貧血、蛋白尿で来院。ベンスジョーンズ型の多発性骨髄腫。
総合診療科、血液内科、腎臓内科の多数の先生方からコメントを頂き、大変勉強になったCPCでした。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
posted by 臨床教育センター at 11:05| セミナー・講習会