研修医募集.jpg

長崎医療センター 初期臨床研修医の1年 (BGMが流れます)
動画を閲覧できない皆様は、スライドをぜひ、ご覧くださいませ。

FACEBOOK「長崎医療センター 教育センター」では当院医師・コメディカル・事務の皆様、OG/OBの友人申請を受け付けております。

2021年10月29日

『 困ったときに使ってみる泌尿器科 』

ひらめき長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。

今週の講義は、こちら。

=======================
講義名:『 困ったときに使ってみる泌尿器科 』
講 師:泌尿器科 上田康史 先生
=======================

2021.10.29(泌尿器科 上田康史先生).jpg

参加された研修医の皆さんに

尿道カテーテルの入れ方を初めて具体的に教えていただいたので勉強になりました。



コンサルするまでにやるべきこと、注意するべきことを確認できました。


など他にも多くのコメントを頂きました。

泌尿器科 上田康史先生、ありがとうございましたるんるん


posted by 臨床教育センター at 15:26| 初期*初期診療実践セミナー

2021年10月22日

『 腹部エコー実践講座 』

ひらめき長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。

今週の講義は、こちら。

=======================
講義名:『 腹部エコー実践講座 』
講 師: 肝臓内科 長岡 進矢 先生
=======================

2021.10.22初期セミナー(肝臓内科 長岡進矢先生).jpg

参加された研修医の皆さんに

詳細なあて方、目印となる部位まで教えていただき勉強になりました。


エコーは普段からよく用いる手技で、コツを教えてもらえたので今日から実践できるテクニック教えてもらえました。


など他にも多くのコメントを頂きました。

肝臓内科 長岡進矢先生、ありがとうございましたるんるん
posted by 臨床教育センター at 14:18| 初期*初期診療実践セミナー

2021年10月15日

『 利尿薬 』

ひらめき長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。

今週の講義は、こちら。

=======================
講義名:『 利尿薬 』
講 師: 腎臓内科 岡 哲 先生
=======================

2021.10.15初期セミナー(腎臓内科 岡哲先生).jpg

参加された研修医の皆さんに

フロセミド静注、経口で量を変える(bioavailability)、AKIにおける利尿薬の使い方など勉強になりました。


ループ利尿薬(ラシックス)は11回投与ではリバウンド現象が生じるので、あまり推奨されてないことは驚きでした。


など他にも多くのコメントを頂きました。

腎臓内科 岡哲先生、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by 臨床教育センター at 17:20| 初期*初期診療実践セミナー

2021年10月08日

『 心電図 』

ひらめき長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。

今週の講義は、こちら。

=======================
講義名:『 心電図 』
講 師: 2年次 研修医の先生
=======================

2021.10.8初期セミナー(研修医 福井謙介先生).jpg

参加された研修医の皆さんに

タコつぼ虚血の鑑別は困難で疑えば循内コンサルトする。→CAGまで施行されることが多い。など勉強になりました。


基本的なECGをみるポイントを先生が日常見ている方法で学べました。


など他にも多くのコメントを頂きました。

2年次 研修医の先生、ありがとうございましたるんるん
posted by 臨床教育センター at 10:50| 初期*初期診療実践セミナー

2021年10月01日

『 神経発達症と不登校 』

ひらめき長崎医療センターでは毎週金曜日に初期診療実践セミナーを開催しています。

今週の講義は、こちら。

=======================
講義名:『 神経発達症と不登校 』
講 師: 小児科 安 忠輝 先生
=======================

2021.10.1(小児科 安忠輝先生).jpg

参加された研修医の皆さんに

不登校と関連する病気についてしれました。神経発達症は特性を考えて環境調整をする必要がある事を学びました。


DSM-5で定義が変更になった点についてや、不登校に関連する疾患について知ることができました。また救外でも慢性疾患の訴えを伴うことも多いので、問診・治療を確認することができてよかったです。


など他にも多くのコメントを頂きました。

小児科 安忠輝先生、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by 臨床教育センター at 10:36| 初期*初期診療実践セミナー