研修医募集.jpg

長崎医療センター 初期臨床研修医の1年 (BGMが流れます)
動画を閲覧できない皆様は、スライドをぜひ、ご覧くださいませ。

FACEBOOK「NMC Kensyu」では当院医師・コメディカル・事務の皆様、OG/OBの友人申請を受け付けております。

2015年09月04日

CPC  【発熱、貧血、腎機能障害】

長崎医療センターの初期臨床研修医は研修期間中
必ず1回はCPCを担当します。

CPCとはClinico-pathological conference と略称され、病院で行われる複数の臨床科と病理医や検査医が合同で行う討論形式の症例検討会のことです。

今回は、「発熱、貧血、腎機能障害」。
担当は、2年次研修医の貞松 毅大先生、山下 なつき先生、1年次研修医の松尾 彩加先生、
そして指導医は北之園 英明先生、鎌田 理嗣先生、山下 裕先生、病理担当は黒濱 大和先生です。

page.jpg

機能形態研究部長の伊東正博先生からのコメントです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
担当の研修医は貞松毅大先生、山下なつき先生、松尾 彩加先生、指導医は北之園英明先生、病理解説は黒濱大和先生。荒木先生の司会で参加者全員で考えるCPCになりました。
症例は高齢女性。発熱、貧血、蛋白尿で来院。ベンスジョーンズ型の多発性骨髄腫。
総合診療科、血液内科、腎臓内科の多数の先生方からコメントを頂き、大変勉強になったCPCでした。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
posted by 臨床教育センター at 11:05| セミナー・講習会