長崎医療センター 初期臨床研修医の1年 (BGMが流れます)
動画を閲覧できない皆様は、スライドをぜひ、ご覧くださいませ。

FACEBOOK「NMC Kensyu」では当院医師・コメディカル・事務の皆様、OG/OBの友人申請を受け付けております。

2016年06月29日

CPC:『咳嗽、胸部異常陰影』

6月28日にCPCが行われました!

長崎医療センターの初期臨床研修医は研修期間中
必ず1回はCPCを担当します。


今回の主訴は、咳嗽、胸部異常陰影の臨床診断での検討会です。

司会及び症例担当は、長島聖二先生、久冨恵子先生、症例担当研修医が、2年次研修医の末永知康先生、野口美帆先生、中村俊介先生、1年次研修医の倉田博基先生

そして 病理指導は伊東正博先生でした。

cats.jpg

機能形態研究部長の伊東正博先生からのコメントです。

肺炎様陰影を呈する肺癌症例でした。STAS(経気道性進展)やmicropapillary adenocarcinomaと云った予後不良因子を有した浸潤性粘液腺癌で、画像の読み方、癌性リンパ管症の画像の見方、新しい概念などの勉強になりました。
担当の研修医の末永知康先生、野口美帆先生、中村俊介先生、倉田博基先生、司会の長島先生、画像読影指導の松岡先生、有難うございました。


非常に白熱したCPCでしたね。長い期間の準備、大変おつかれさまでした!!
posted by 臨床教育センター at 09:17| セミナー・講習会