長崎医療センター 初期臨床研修医の1年 (BGMが流れます)
動画を閲覧できない皆様は、スライドをぜひ、ご覧くださいませ。

FACEBOOK「NMC Kensyu」では当院医師・コメディカル・事務の皆様、OG/OBの友人申請を受け付けております。

2017年02月21日

CPC:『顕微鏡的血管炎と急性進行性腎障害』

12月6日のCPCをご報告します!

長崎医療センターの初期臨床研修医は研修期間中
必ず1回はCPCを担当します。


今回の主訴は、尿路感染症、慢性腎不全急性増悪での検討会です。

司会及び症例担当は、大野直義先生、症例担当研修医が、2年次研修医の福本将之先生、1年次研修医の酒井洸典先生、末松孝文先生
そして 病理指導は黒濱大和先生でした。

page.jpg

機能形態研究部長の伊東正博先生からのコメントです。

肝硬変が背景に存在し、急性腎盂腎炎で亡くなられた症例のCPCでした。最近では珍しい症例ですが、致死的な疾患であることがよく理解できました。
担当の研修医の皆さん、和泉先生、黒濱先生のご指導有難うございました。


非常に白熱したCPCでしたね。長い期間の準備、大変おつかれさまでした!!
posted by 臨床教育センター at 11:29| その他